07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

お題(8) 

~1月はBLOG更新強化月間!!~


お題wo次々ケリ倒していこうZE☆
略して「お題ケリ倒し企画☆」中!

8番目のお題は「ヒマワリ」です。


参加くださっている方、拝読下さる方、本当にありがとうございます。

お題もいよいよ終盤にさしかかりました。
このお題の後は、残り2つですね!

BLOGに記事としてあげていただき、
コメ欄でエントリーいただけたらと思います。
参加回数は問いません。お気軽にどうぞ~♪


詳しくは、1月2日の記事をお読みください。
どうぞよろしくお願い致します!





この後も、絶賛募集中!




[edit]

お題(7) 

~1月はBLOG更新強化月間!!~


お題wo次々ケリ倒していこうZE☆
略して「お題ケリ倒し企画☆」中!

7番目のお題は「郵便局」です。


参加くださっている方、拝読下さる方、本当にありがとうございます。

BLOGに記事としてあげていただき、
コメ欄でエントリーいただけたらと思います。
参加回数は問いません。お気軽にどうぞ~♪

詳しくは、1月2日の記事をお読みください。
どうぞよろしくお願い致します!





この後も、まだまだ募集中。




[edit]

お題(6) 

~1月はBLOG更新強化月間!!~


お題wo次々ケリ倒していこうZE☆
略して「お題ケリ倒し企画☆」中!

6番目のお題は「白熱電球」です。


参加くださっている方、拝読下さる方、本当にありがとうございます。

BLOGに記事としてあげていただき、
コメ欄でエントリーいただけたらと思います。
参加回数は問いません。お気軽にどうぞ~♪

詳しくは、1月2日の記事をお読みください。
どうぞよろしくお願い致します!





この後も、まだまだ募集中。




[edit]

お題(5) 

~1月はBLOG更新強化月間!!~


お題wo次々ケリ倒していこうZE☆
略して「お題ケリ倒し企画☆」中!

5番目のお題は「時刻表」です。


参加いただいている方、ありがとうございます。
この後も、お気軽にどうぞ。




ここで、前半のまとめをしたいと思います。



■参加者■
meganeさん 「ボールペンの消えるマジック」 内にて、好評更新中!

≪リスナー様≫
サビたん  「サビたんの徒然日記」 内にて、絶賛更新中!!

エントリー・・かくかさん。


この後も、まだまだ募集中。

参加回数や頻度は問いません。ぶっちゃけ、お遊びですので。
どうぞよろしくお願い致します!


そして、メールもいただいています。
本来、自ブログの更新強化ということで、企画しております。
大変申し訳ないのですが、企画上ナッカンのブログで紹介は出来ないです。

しかし、せっかくですので、一枚紹介しますね。
以降は出来かねますので、どうかご了承くださいね。

企画参加の敷居が高くて、本当に申し訳ないです。

とりあえず、1月の間・・ということでしています。
今後また何かありましたら、もう少し期間も短く、参加もしやすいものにしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。







青空


アオゾラ

夕暮れが 空の青さを 引き立てる    By PAPAさん。



写真の青い空が、深くて綺麗ですね~^^

[edit]

スプーン 

ブログ更新強化月間です!

~お題ケリ倒し企画☆中~



お題4「スプーン


「お祖父ちゃん、どこ?」
「食器棚の中に、箸立てがあるけん」
「あっ・・ホントだ。あった」
「すまないけど、先の小さいのにしてくれるか」
「これね。あっ」

食器棚から小さなスプーンを取り出したヒロミは、小さく声を上げた。
子ども用のスプーンだ。
銀色をしていて、端っこはヒロミが大好きだった犬のキャラクターがついている。
アメリカの漫画が元になっているこのキャラクターは、
今ではテーマパークの主要キャラクターにもなるくらい、人気が定着している。
そういえば・・・。
ヒロミは思った。
私、このスプーンをよく使っていたっけ。

ヒロミは懐かしく思いながら、
その銀色の匙を、そっとお盆の上に乗せた。

ヒロミは祖父母の家に来ていた。
一緒には住んでいない。毎週、部活の終わった土曜の午後にここに来る。
部活が午後の場合は、終わってから。無い日は朝から。
それは、親との約束だった。

ヒロミは両親と共に、市街地に住んでいる。
祖父母の家は遠くはないが郊外のため、平日なかなか足は向けられなくなった。
中学に入ってからは特にそうだった。

「お祖母ちゃん。さつまいものスープだよ」

ヒロミは祖母の近くに座った。
ベットを少し起こして、祖母の顔を見た。
目が合うと祖母はにっこりと笑った。

ヒロミの両親は共働きで、長い休みの間、祖父母の家に来ることが多かった。
もっと言えば、ヒロミはおばあちゃんっ子だった。
祖母は一人っ子のヒロミを良くかわいがった。

半年前、祖母が倒れた。
一命は取り留めたものの、後遺症が残った。
祖父は自宅介護を選んだ。
祖父の選択に、負担を心配した両親は反対したが、ヒロミは賛成だった。
お祖母ちゃんは家が大好きで、いつも綺麗にしていた。
祖父母の家にはヒロミの場所があった。
本当のところ、施設がどんな場所なのかは分からない。
それに、時々はお世話になる。
でも、「自宅で。」と言った祖父は、祖母やヒロミの気持ちを大事にしてくれた、そんな気がした。

日曜は行事が入ることもあるので、
土曜は必ず来るようにした。土曜は用事を入れないようにして、
都合がつかない時は、日曜日に来た。

いつも、他愛ない話をして、おばあちゃんの身体を拭いたり、
髪を洗ったり、爪を切ったり、耳掃除したり、ゆっくり過ごす。
両親のどちらかが迎えに来るまで居ることもあるし、
ひとりで帰ることもある。

「じいさん、買い物行ってくるなあ」

ヒロミが祖母にひと匙ずつ、スープをあげていると、
祖父が近づいてきて言った。

「うん。気をつけて」

おじいちゃん、変わらないなあ。
祖父の背中を見送りながら、ヒロミは思った。
お祖父ちゃん、まだ元気だけど・・・。

「お祖母ちゃん、美味しい?」
「・・みぃ、・・・とぉ。」
祖母が喋れないなりに、声を出している。
ヒロミ、ありがとう・・。と、紡がれた様に聞こえた。

「いいよいいよ。お祖母ちゃん、その代わり早く元気になってね」
祖母は優しい顔で、ゆっくり頷いた。
祖母が前のように出来ないことは、お互い分かっている。
それでも、ヒロミはいつもこう言った。
お皿が空になったので、ヒロミはそっとスプーンを置いた。

幼い頃、熱が出ると、ここに来ることもあった。
その度、祖母はりんごを摩って食べさせてくれた。
あの頃はまだ、スプーンの持ち手の犬には色が付いていた。顔の白い部分は取れかけていたが、
耳の黒い部分はまだ残っていた。

いつの間にか、あまり熱が出ることもなくなったな。

ヒロミは立ち上がると、盆を片付ける為に、台所に向かった。
食器を洗っていると、食器洗いのやり方を祖母に教わったことを思い出した。
ここに立つと、今でも祖母が自分の横に来て手伝ってくれる・・・そんな気になる。

ヒロミは食器を水切りに入れた。ふきんを出すと、拭いて食器を元に戻す。
「またね」
ヒロミはスプーンを綺麗に拭いて、元の箸立てに戻した。

「お祖母ちゃん、一緒にテレビ見ようよ」

ヒロミはベットを少し倒すと、祖母の横の椅子に座った。
祖母は、やっぱり優しい顔をしていて、それはヒロミの大好きな祖母そのものだった。





終わり





[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。