05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

プライスレスな午後w 

昨日の記事の記載内容について、一部質問がありました。
ボカロって何?っていう・・・笑

アレです。NAKKANも最近まで知らなかったのですが、
コンピューターで合成した声です。
ちょっと前にフジテレビでやっていました。

なんかロボットコンテスト的な催しに、ボカロのナントカちゃんが居て、演歌歌っていました。
で、ボカロとは何ぞや?と思い検索したら、噂の初音ミクちゃんですか、ボカロだったっていう。

NAKKAN時代遅れ!!!!
アニメのキャラだと思ってました・・・

テレビのロボは生野アナに似てるという話でしたが、いや、生野の方がかわいいし!
と思って見てましたw
NAKKANは生野ファンです!!!


以下、さっくり抜粋してきました!
少しだけ詳しく書くとこうです↓


VOCALOID(ボカロイド、ボーカロイド)とはヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。
略称としてボカロという呼び方も用いられる。
メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。
開発元のヤマハ自体はVOCALOID製品を提供しておらず、パソコン向けパッケージについてはライセンス契約を締結した各社がサンプリングされた音声を収録した歌手ライブラリを独自に製作し、ヤマハ製のソフトウェア部分と組み合わせて製品として販売されている。
またネットワーク経由で音声合成機能を提供するNetVOCALOIDのサービスも行われている。

なお、VOCALOIDという言葉は応用製品に設定されているキャラクターを指すために用いられる場合もある。



ウィキってみました!
ヤマハか!さすがはヤマハだな!!

昨日のNAKKANは、ボカロを「なお・・」の記述部分で使用していましたね。ロボットのナントカちゃん!


そして・・・

VOCALOIDという名称は、「vocal(ボーカル)」に「oid」を組み合わせて作られた造語である。
「oid」は「human(人)」と組み合わせれば「humanoid(ヒューマノイド)」
ギリシャ語で男を意味する「andr」と組み合わせれば「android(アンドロイド)」となる
「~のようなもの」「~状の」という意味の接尾辞で
VOCALOIDについては「ボーカルのようなもの」といった意味となる。

ただし、名称の由来とは別に「ボーカル・アンドロイド=VOCALOID(ボーカロイド)」という説明が行われている場合もある。



まあ、ただし・・以下で書かれている使い方の方が、分かりやすい気もしますね。

ざっくりボカロとはそういう感じのものです!
はい。

それでですね、昨日のNAKKANはわざとにそういう歌い方して、お子と遊んでいたんですね~
馬鹿ですよね~~笑
ボカロファンの方が聴いたら怒る様な、残念クオリティ!!笑




ところで、昨日はときめき☆サタデーの録音も合わせてさせてもらっていたんですね~
その時の様子、ウテ副部長様がブログ内にて、記載して下さっています!!

観察日記ネオミニッツ☆改 → こちら「HONAMIttoson」

激カワです!必見です!!

でも、私が特に気に入ったのは、ウテさんの写真タイトル!
とてもセンスがありますし、ときめきます!!一枚目とかww
あと、4枚目の写真とタイトルにじ~んときました。そして、癒されます!!!
写真を撮ったの先輩かな?素晴らしいと思いました!


実はですね、昨日、ウテさんがチビに癒されている姿にも、私、癒されてしまいました!
ウテさんのその時の感情に嘘がないから、なんか感動しちゃったんですよね。
あ、この人、この子を可愛いと思ってくれてる!!って。

人の目を意識してではなく、ちゃんと対象物に向っているんだ!と思って、
決して気を使ってとかじゃないんだ!!っていう・・・。
(気をつかってくれる部分はちゃんと使って下さいますけどね!)

それってウテさんの感受性と言いますか、
純粋なんだ~と思ったんですね。
そんな彼女に私の心の方が洗われるんですけど!!!!

そんな発見が出来て幸せな、プライスレスな午後でしたw
昨日の話です☆


NAKKAN 拝
スポンサーサイト

[edit]

« 初投稿  |  ときめいてきます!! »

コメント

VOCALIST

↑これは徳永英明さんでした(汗

閑話休題。

けっこう昔からコンピュータでも「楽器」は奏でることが出来ていたんですが、まさか歌まで歌えるようになるなんて!!
・・・って、実はぼくも興味津々です(^_^;)

以前、会社のアドレスで購読しているとある技術系メルマガでVOCALOIDシリーズの開発ストーリーを特集してたりして、それを読んでまたグッと来ましたよ。

NAKKANさんがアニメのキャラと間違えていても全くおかしくないようなあのキャラクターとか、16歳っていう絶妙な(?)年齢設定とか、いろいろなこだわりから生まれたようで・・・
そこに、あの声を吹き込んだ声優さんとか、萌えブームとか、なんだかいろんな偶然が重なって一気に広まったそうです。

今や、兄弟とか姉妹とかなんかいろいろ出てますね。
ギター部が落ち着いたら手を出してみたい(笑)

Kouki #6ETLtX2w | URL | 2010/07/10 01:34 * edit *

Koukiさん!!!

コメントありがとうございます!
そうなんですか?!16歳っていう設定!知らなかったwww
しかも声優の元の声があるんですね。どうやって作っているんだろうと思っていました!←無知すぎますw涙
兄弟は詳しく知らないのですが、レンとかそういう??
アレです。時代遅れNAKKANなので、ミクとかハルヒとか、らきすたとかけいおんが、ごっちゃまぜになっていますね。
何が何だか分からない・・っていう。全部別ですよね?
ボカロは中学生に人気あるみたいで、姪が居るんで、色々教えて貰っていますwww笑
でも、そうですよね。技術持ってる人からしたら、自分が作り手に回る事も可能な訳ですしね・・・!
アレです。Koukiさんが手を出す暁には、出来る事は協力させて下さいねー!!てか、絵もCGも作れないのに、出来ることってwww笑

NAKKAN #e8dqewdg | URL | 2010/07/10 18:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nakkanfmtuyama.blog134.fc2.com/tb.php/30-1a07c550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。